2013年10月17日

「警報発表時の登校について」改定のおしらせ

 平成25年8月30日より気象庁発表の防災情報に新たに『特別警報』が追加運用されました。『特別警報』は、命の安全を図ることが特に必要とされる規模の災害についての予報ですから、従来の「暴風警報」発表時の措置に加えて、本校においても以下のように規定を改正します。(今回変更部は下線太字)

1 該当区域に気象の警報または特別警報が発表された場合
 ◎「暴風警報」または「大雨・暴風・高潮・波浪・暴風雪・大雪のいずれ
  かの特別警報」が発表された場合
   A 午前10時までに解除されなかった場合・・・休校
   B 警報が解除された場合
      午前7時までに解除された場合・・・・・・・・・定刻登校
      午前8時までに解除された場合・・・・・・・・・9時30分登校
      午前9時までに解除された場合・・・・・・・・・10時30分登校
      午前10時までに解除された場合・・・・・・・・ 11時30分登校
 ◎ 警報、または特別警報の該当する区域
  ⑴ 「北大阪」「大阪市」   
  ⑵ 「阪神」   
    「北大阪」「大阪市」「阪神」のいずれかの区域で「暴風警報」
    または「大雨・暴風・高潮・波浪・暴風雪・大雪のいずれかの
    特別警報」が発表されている場合は、上記AまたはBを参照して
    ください。
 ㊟1 上記以外の区域に「暴風警報」「特別警報」が発表された場合、
    その区域に居住する生徒は保護者を通じて学校に連絡を入れ
    て、上記AまたはBの措置に従うこと。有効(出席)扱い
    とします。
 ㊟2 暴風以外の警報が発表された区域居住生徒で、道路状況交通
    機関の乱れ等やむを得ない事情による遅刻・欠席については
    後日確認を経た上で、特別に配慮します。
   また「洪水警報」「浸水警報」が発表された区域居住生徒は、
   自宅周辺と通学路の安全を見極めた上で、危険と判断
   された場合は自宅待機してください。その際の遅刻・欠席
   については後日確認を経た上で、特別に配慮します。
 ㊟3 居住区域の市町村長から「避難指示」が発表された
    場合は、その指示に従ってください。
 ◎ 定期考査日に「暴風警報」「特別警報」が発表された場合
  ⑴ 午前7時までに解除されなかった場合・・・・・休校
    (その日の考査科目は定期考査最終日の次の日に設定します)
  ⑵ 午前7時までに解除された場合・・・・・・・・・・・・・定刻登校
   (1限開始に間に合わない生徒に対しては、特別に配慮します)
 ◎ 登校後警報または特別警報が発表された場合は、生徒の安全
   確保のため、気象その他の動静を見ながら適宜学校が
   判断します。
【全体への連絡事項の最新記事】
posted by senshin.h.s at 15:00| 全体への連絡事項